スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<申告漏れ>EXILE所属の芸能プロが3億円…国税指摘(毎日新聞)

 人気グループ「EXILE」が所属し、リーダーが社長を務める芸能プロダクション「LDH」(東京都目黒区)が東京国税局の税務調査を受け、09年3月期までの2年間で約3億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。

 LDHはEXILEのリーダーのHIRO(本名・五十嵐広行)さんが社長を務める芸能事務所で、俳優やモデルのマネジメントを行っている。関係者によると、LDHは08年と09年3月期の申告内容について申告漏れを指摘されたという。毎日新聞の取材に対し、LDHは「見解の相違はあったが、国税局の指導に基づいて正しく修正申告した」とコメントした。

 民間信用調査会社によると、LDHはEXILEのメンバーらが出資して03年に設立。グループの人気上昇とともに売り上げを伸ばし、08年3月期には76億円に上っていた。【石丸整】

【関連ニュース】
大分コンサル脱税:大光など3社に罰金3億円超求刑
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
脱税:3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発

中国人留学生が夢中になったネット犯罪の魔力とは?(産経新聞)
立山黒部アルペンルート 雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」(産経新聞)
原宿・竹下通りのイベントで多数倒れ 13歳少女がケガ(産経新聞)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
スポンサーサイト

容疑の都立高教諭を逮捕=口論男性殴り、現金奪う-警視庁(時事通信)

 口論となった男性を殴り、現金を奪ったとして、警視庁亀有署は23日までに、強盗致傷容疑で、東京都葛飾区青戸、都立足立高校教諭の浅野浩史容疑者(39)を現行犯逮捕した。
 同署によると、同容疑者は当初、「よく覚えてない」と供述していたが、「殴ったことは思い出した」と話しているという。
 逮捕容疑は21日午前2時20分ごろ、同区亀有の路上で、自転車で帰宅途中のタクシー運転手の男性(57)と口論となり、顔を殴るなどして顔に1週間のけがを負わせた上、現金2万8000円が入ったショルダーバッグを奪うなどした疑い。
 同署によると、同容疑者は自転車で帰宅途中、交差点で男性とぶつかりそうになり、言い掛かりをつけたという。
 同容疑者は20日午後10時ごろから、京成電鉄京成立石駅近くの居酒屋で、知人らと飲酒し、泥酔状態だった。 

【関連ニュース】
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」

ホンヨモ!セッション 南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
<郵政改革案>30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明(毎日新聞)

<ブルートレイン>6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に 「はやぶさ」走る(毎日新聞)

 20日午後7時すぎ、JR鹿児島中央駅(鹿児島市中央町)に「はやぶさ」のヘッドマークを付けたブルートレイン(客車6両)が入線した。

【ブルートレイン写真特集】JRを走っていたころの「はやぶさ」「富士」の雄姿

 JR九州と第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」(本社・熊本県八代市)が企画した門司港発のイベント列車。旧鹿児島線だった肥薩おれんじ鉄道の区間をブルトレが走るのは約6年ぶり。ホームには長旅を終えた列車の到着を待ちわびる多くの鉄道ファンが詰めかけ、写真を撮るなどして昔を懐かしんでいた。

 27、28日も門司港~鹿児島中央駅間をヘッドマークを「なは」に替えて走る(切符は既に完売)。【川島紘一】

【関連ニュース】
【ブルートレイン写真特集】JRダイヤ改正:特急「北陸」と急行「能登」 半世紀以上の歴史に幕
【写真特集】SL、ブルトレ、ローカル線まで 日本の鉄道
【写真特集】さよなら初代新幹線0系
【写真特集】さよなら、500系のぞみ号

「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜-米国(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(4)「防ぎようはなかったのか」(産経新聞)
<強盗>ビジネスホテルの金庫から100万円 三重・亀山(毎日新聞)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)

4万年前、中央アジアに「未知の古人類」生息 化石DNA分析、国際チーム発表(産経新聞)

 約4万年前、中央アジアに「未知の古人類」が生息していたとする研究成果を、ドイツ、米国、ロシアなどの国際研究チームが、25日付の英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表した。シベリア南部の洞穴で見つかった化石からミトコンドリアDNAを解読し、進化系統を分析した。未知の古人類は、現生人類やネアンデルタール人と共存していた可能性があるという。

                   ◇

 マックスプランク研究所(ドイツ)などの国際研究チームは2008年、ロシア、モンゴル、中国の国境に近いシベリア南部・アルタイ山脈の「デニソワ洞穴」で、4万8千~3万年前のヒトの指の化石を発見。10ミリグラムの化石の粉から、細胞内小器官「ミトコンドリア」のDNAを解読することに成功し、解析の結果、同時代に生息したネアンデルタール人とも現代人の祖先とも異なる系統の人類と結論づけた。

 未知の古人類は、約100万年前に現代人やネアンデルタール人の共通祖先から進化的に枝分かれをしたと考えられ、約46万年前に現生人類と分岐したとされるネアンデルタール人よりも早くから、独自に進化したと推定される。

 一方、化石が見つかった洞穴からは、多くの石器や骨器が見つかっており、ネアンデルタール人や現代人の祖先と近接して暮らしたことが示唆されるという。

 現生人類は、約5万年前にアフリカからヨーロッパ、アジアに進出したと考えられている。一方、ネアンデルタール人は約2万5千年前に絶滅するまでヨーロッパ、アジアの広範囲に生息した。

 これまで、ネアンデルタール人以外でユーラシアに進出した現生人類と共存した可能性があるのは、小型人類(フローレス原人)だけと考えられていた。研究チームは、中央アジアでは、これまで考えられていたより多様な人類が共存していた可能性がある、としている。

北教組事件 1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける(毎日新聞)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-京都・舞鶴(時事通信)
<スズキ>軽乗用車「ツイン」をリコール 1万106台対象(毎日新聞)
野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場-静岡(時事通信)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)

<名鉄三河線>トラックが架線切り停電 一時不通(毎日新聞)

 17日午前8時ごろ、愛知県豊田市土橋町の名鉄三河線土橋駅付近で停電が発生した。県警豊田署によると、豊田市の男性運転手(38)がパワーショベルを積んだトラックを運転して土橋駅東側の踏切を通行した際、架線に接触、断線したという。

 名鉄によると、事故の影響で、豊田線の豊田市-赤池間と三河線の知立-猿投間の上下線で一時運転を見合わせた。豊田線は午前9時53分に復旧。三河線の豊田市-猿投間は午前10時に運転を再開した。

 正午現在、竹村-豊田市間の上下線で不通が続いている。名鉄によると、停電の影響で信号設備に支障が出ており、完全復旧には時間がかかる見込み。

 名鉄は竹村-豊田市間で、代行バスを運行した。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
近鉄名古屋線:特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切
火災:倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明
「リニモ」:停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡

<DNA>誤情報で逮捕状 登録データ別人 神奈川県警(毎日新聞)
吹き矢フッ!で健康に、愛好者じわり広がる(読売新聞)
村田元外務次官が死去=核密約引き継ぎを証言(時事通信)
<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)
旧経営陣に18億円の支払い命令 足銀破綻めぐり(産経新聞)

「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)

 ブルートレインの愛称で親しまれた寝台特急「北陸」(上野~金沢)と定期便としては最後のボンネット型車両となった急行「能登」(同)が12日夜、最後の旅に出発した。始発駅となったJR上野駅や金沢駅には大勢の鉄道ファンが集まり、悲鳴のような声を上げながら見送った。

 「北陸」は昭和25年に上野~大阪間の急行列車として誕生。寝台特急に昇格した50年から青い客車を使用し、当時全盛期を迎えていたブルートレインの仲間入りを果たした。

 首都圏発のブルートレインは、東京駅発着が既に全廃、上野駅発着も札幌行きの「北斗星」と日本海回りで青森に向かう「あけぼの」だけとなる。

 「北陸」を補完する形で同時期に誕生した「能登」は、平成5年から489系電車のボンネット型を使用。今では定期運行としては最後のボンネット型となり、ファンの注目を集めていた。

 ■ブルートレイン 旧国鉄が付けた愛称ではなく、愛好家の間で自然に定着したため定義はまちまちだが、(1)寝台特急である(2)機関車が客車を牽引する(3)車体が青い(4)20、14、24系車両を使用する-ことが条件とされる。車体の型式や色が違う「カシオペア」(上野-札幌)や「トワイライトエクスプレス」(大阪-札幌)は含まれない。

【関連記事】
“ハミ鉄”出現で通勤客は大迷惑! 隣の列車に乗り込み…
“撮り鉄”運行妨害の次は“寝鉄”ソファー独占のワケ
もうすぐ見納め ボンネット型急行「能登」の雄姿
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…
また一つ昭和が消えた 北陸鉄道金名線区間
20年後、日本はありますか?

<トキ>9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察(毎日新聞)
<国内無国籍者>在留資格なし280人 国の調査急務(毎日新聞)
県内産日本酒で統一ブランド=熊本〔地域〕(時事通信)
「小沢王国」で民主系敗れる 岩手・久慈市長選(産経新聞)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)

マンホール作業事故、意識不明の2人死亡(読売新聞)

 10日午前10時30分頃、埼玉県日高市高萩の下水道管のマンホール内で、男性作業員2人が倒れているのを、市下水道課の職員が発見し、119番した。

 2人は近くの病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。飯能署が事故原因を調べている。

 同署などによると、2人は市の発注を受けた業者の作業員。河川地下を横断する長さ8メートルの下水道管にたまった汚泥を取り除く作業をするため、マンホールに入ったとみられる。地上から管の水面までの深さは2・5メートルあった。

女性遺体 切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)
<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)
子ども手当法案を可決=衆院厚労委(時事通信)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)

能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)

 能楽観世流シテ方、河村能舞台当主の河村禎二氏が13日、心不全のため死去した。86歳だった。通夜は14日午後6時、葬儀・告別式は15日正午、京都市上京区柳図子町320の14の自宅(河村能舞台)で。喪主は長男、和重(かずしげ)氏。

【関連記事】
作家の角田房子さんが死去 「閔妃暗殺」「悲しみの島サハリン」
詩人の和泉克雄氏死去 「前奏曲」「短い旅」
仙田理芳さん死去 重要無形文化財保持者、能楽師
東大大学院教授、高橋進氏死去 ヨーロッパ外交史
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 

ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業-成田(時事通信)
朝鮮学校無償化適用 首相「決めてない」(産経新聞)
雑記帳 地元農家の夢乗せ、大豆、宇宙へ 北海道(毎日新聞)
尿から覚せい剤成分検出=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁(時事通信)
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件-仙台高裁(時事通信)

【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(3)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)

 ■村人と酒を飲み、話を聞き… 考古学は掘ればいいだけじゃない。 

 --遺跡があるパコパンパには、毎年3カ月ほど滞在されるそうですね。どんな村なのでしょう

 関 日本から行くと1日かかります。首都のリマから飛行機で2時間。さらに車で北に9時間。人口500人の小さな村ですが、関西人みたいな気質の人たちが住んでいます。

 --関西人?

 関 関西人は見ず知らずの人には冷淡だけど、一度仲良くなるととことんつきあうところがあるでしょう。アンデスの人も同じような感じです。

 --村人からは何と呼ばれているのですか

 関 スペイン語でドクトル・セキ(関先生)です。

 --何だかかっこいいですね。村人も発掘にかかわるのでしょうか

 関 はい。私たちで全部やると、腰痛めますからね。私もそろそろ年なので。彼らは農民だから体は強いし、自然を観察する力がありますから、新参者の大学院生が区別できないような土の層の違いもあっという間に覚えてくれます。調査団の洗濯や食事の世話は、村の女性たちにお願いしています。

 --そういった作業員は先生が選ぶのですか

 関 いえ、これは村会議で決めてもらいます。調査団は大金を持って小さな村にいくので、いわば大企業のようなもの。特定の人だけにお金が行くと、貧富の差が生じて社会問題になります。

 --どのように決まるのでしょうか

 関 素人ばかりでは困りますから、私の片腕となるような優秀な人間はほしい。なので、たとえば30人のうちの3割は経験者を選ぶから、残りの7割をみなさんで決めてくださいというんです。すると半分は貧しい家族、半分はくじびきで、みたいに決まる。村長の身内が優遇されるとか、日本の政治家みたいなことは一切ありません。

 --素晴らしいですね

 関 思わず涙したことがあって、経験者の人が「今回このなかで一番貧しい人が雇われなかったから、僕は先生から指名された自分の権利を放棄する」というんです。何と心根の優しい人だと感動して、無理にもう1人雇いました。それくらい気持ちのいい人たちと発掘をしています。

 --村会議というのがあるんですね

 関 ほかに水会議や電気会議もあって、私も必ず参加します。村はわき水を引いていますが、私たちが土器を洗って水が枯れたら大変だし、調査への非難もおこる。その対策のために水道会社に電話もします。電気会社とも村全体で契約しているので、コンピューターやらいろいろ使うと料金の問題がある。もう村の一員みたいなもので、今度、村長選挙に出ろっていわれています(笑)。

 --村人の信頼があついのですね

 関 「去年の夏の村まつりでは『ミス・パコパンパ』の審査員長をさせられました。郷土料理コンテストみたいなのもあって、もうおなかいっぱい食べさせられて。ある意味、村の名士のようになっていて、何かあるとかつぎ出されるんです」

 --じゃあきっと、相談事なんかも

 関 いろいろあります。「あいつの息子に窓を割られた」とか「子供を遠足に行かせる金がない」とか…。

 --そんなことまで

 考古学というのは、ただ掘ればいいだけじゃない。村人の声に耳を傾けて信頼関係を築いたり、きっちり交流したりすることは大切にしています。お酒も一緒に飲みますしね。相手社会をトータルで理解しないと、異文化での調査は成功しません。ただ掘りたいだけなら、何もこんなところまでわざわざ来る必要はないんです。(聞き手 杉村奈々子)

男性自殺 妻と知人、殺人容疑 宮城県警近く立件 保険金目当てか(産経新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)
原発利用明記に反対=地球温暖化基本法案-福島消費者相(時事通信)
事故通報怠り、味の素に警告=事業所の火災や劇物漏えい-三重の消防(時事通信)
雑記帳 自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)

「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え-中2女子自殺で両親・東京(時事通信)

 「学校で何かあった」「しっかり調査を」。東京都清瀬市立中学2年の女子生徒(14)が、いじめを受けたとほのめかす遺書を残して自殺した問題で、両親が3日、自宅で取材に応じ、学校側が一層の調査をするよう求めた。
 父親(52)は、いじめを把握していないとする学校側に対し、「もっとしっかり調べてほしい」と要望。1日の臨時保護者会では、血に染まった女子生徒のシャツを手に遺書を読み上げて真相解明への協力を訴えたといい、「必ず学校で何かあったと思っている」と語り、厳しい表情を見せた。
 母親(53)は「(学校側は)いじめの有無の説明などに終始していた。誠意が感じられず、がっかりした」と話した。校内での出来事や生前の様子は聞けなかったという。
 女子生徒はまじめで穏やかな性格といい、「イラストの勉強がしたい」と話していたという。
 遺書は遺品の整理中、女子生徒のノートに挟まっているのが見つかった。母親は「小さく縮こまって、絶望しきったような字。周りが信じられなくなっているような感じを受けた」と声を詰まらせた。 

【関連ニュース】
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書
いじめ把握、取り組み低調=アンケート徹底を
暴力行為、最多の6万件=中高生136人が自殺

裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊-旭川地裁(時事通信)
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
体罰で中2男子肋骨にひび=校長「打撲にして」-長崎(時事通信)
パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
偕楽園の景観に合わない…水戸・千波湖の「白鳥」消える?(産経新聞)

野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は2日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が帰還するソユーズ宇宙船のISSからの分離が6月2日に決まったと発表した。
 当初、5月中旬の予定だったが、米スペースシャトルの打ち上げ延期などを受け、スケジュールが調整された。
 また、5月12日にはソユーズ宇宙船を別のドッキングポートに移設するため、野口さんらが搭乗することも決まった。ソユーズに乗り込んでISSからいったん離脱し、別のポートに再ドッキングするこの作業は、昨年7月に若田光一さん(46)も行っている。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行-兵庫県警(時事通信)
胆沢ダム談合情報、国交相が徹底調査を明言(読売新聞)
<訃報>熊谷清さん91歳=元川崎汽船社長(毎日新聞)
<フィギュア>小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)
<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)

大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)

 13日から中東のカタールで開かれるワシントン条約締約国会議で、大西洋クロマグロが「絶滅の恐れがある種」に指定され、輸出入が禁止される可能性が高まっている。

 現在の漁獲枠約2万3900トンのうち8割を輸入する日本は強く反対しているが、情勢は厳しい。市場を流通する食用の魚が同条約で禁輸対象となれば初のケースだ。クロマグロは食卓から消えるのか――?

 ◆すし店は悲鳴◆

 「禁輸を見越して、卸業者はもう売り惜しみし始めた」。東京都文京区ですし店を営む男性(33)はこぼす。店で使う大西洋クロマグロの仕入れ値は、昨年11月には1キロ4000円だったのが、2月には同6500円まで上がった。「禁輸でさらに高くなったら買えない」

 禁輸対象には養殖マグロも含まれる。稚魚の乱獲につながるとされるためだ。地中海の養殖品を使って中トロ2貫399円で提供している回転ずしチェーン「銚子丸」(本社・千葉市)も、「今後はどうなるか……」と気をもむ。水産庁などによれば、現在、国内の高級マグロの冷凍在庫量は約2万トン。太平洋クロマグロも約2万4900トン(08年)とれているため、大西洋で禁輸になっても、すぐ高騰することはないが、じわじわと値上がりすることは避けられそうもないという。

 ◆ワシントン条約◆

 マグロの資源保護は、これまで「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」など五つの地域漁業管理機関が漁獲枠を定めるなどして対応してきた。だが、1970年に25万匹いたとされる大西洋クロマグロの親魚は、近年は10万匹まで減少したと推定され、グリーンピースなど環境保護団体の間では「漁業管理だけでは絶滅を防げない」との批判が拡大している。

 こうした中、13日から25日までカタールで開かれるワシントン条約締約国会議(175か国加盟)で提案されるのが「絶滅の恐れがある野生動物」への指定だ。採択されれば90日後には発効し、漁業関係者への配慮などから猶予期間が設けられる可能性があるが、発効すればいずれ禁輸となる。

 採択には3分の2以上の賛成が必要。「投票に参加するのは150か国程度」とみる水産庁は、漁業に力を入れる中南米やアジア諸国に働きかけるなどして「50か国の反対票」を固めようと奔走するが、欧州連合(EU)の欧州委員会も加盟国に賛成を求めており、劣勢が予想される。

 ◆いずれマダラも?◆

 日本関係者が恐れているのは、今回の動きが、マグロを「漁業資源」ではなく、「野生生物」として保護しようとしている点だ。日本が年間に消費する魚介類約720万トン(08年)の半分は輸入頼みだけに、宮原正典・水産庁審議官は「大西洋で認めたら、次は太平洋やインド洋、そして、減少が懸念されるマダラなど、他の魚にまでドミノ倒しのように規制が広がるのでは」と危機感を募らせている。

 ◆クロマグロ=本マグロとも呼ばれ、大型でトロ部分が多いため最高級品とされる。大西洋に分布する「大西洋クロマグロ」と、日本近海などでとれる「太平洋クロマグロ」の二つに分類。次いで高級とされるミナミマグロ(インドマグロ)を含め、それぞれ国際委員会が資源管理している。

【社会部オンデマンド】外国人参政権、海外では?(産経新聞)
韓国大統領、4月来日で調整(時事通信)
大津波・津波警報 根室市 避難指示の住民ら高台に避難(毎日新聞)
予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)
<津波>青森のおいらせ町長選 投票所閉鎖で7日再投票(毎日新聞)

森光子さん「放浪記」公演中止=健康上の配慮から(時事通信)

 東宝は26日、森光子さん(89)主演で5~6月に予定していた舞台「放浪記」を中止すると発表した。公演前の健康診断で、主治医から「4時間に及ぶ大作に連日出演すると、体に差し障りが生じる恐れがある」との助言を受けたためという。 

【関連ニュース】
故森繁久弥さんに国民栄誉賞=18人目、首相が表明
「自力で最後まで生きた」=森繁久弥さんの次男会見
皇居前では「国民祭典」=3万人参加、著名人が祝辞
来月12日に「国民祭典」=天皇陛下の即位20年祝い

「子どもたちを守るワクチンの普及を」(医療介護CBニュース)
ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
木村拓也
名古屋死亡ひき逃げの4人、別の車窃盗で再逮捕(読売新聞)

男2人を再逮捕 大阪・神戸連続宝石店盗(産経新聞)

 大阪と神戸の貴金属店を狙った連続強盗・窃盗事件で、大阪、兵庫両府県警の合同捜査本部は1日、神戸市中央区の宝石店に対する強盗容疑で、ともに無職の大阪府八尾市、工藤常雄(52)=別の強盗罪などで公判中=と住所不定、大谷亮(30)=同=両被告を再逮捕した。府警によると、工藤容疑者は「よく考えておく」と認否を保留、大谷容疑者は「間違いない」と認めているという。

上場株のインサイダーで逮捕=相場操縦事件の会社役員ら-大阪地検(時事通信)
亀井氏、夫婦別姓など「熱望する方々ご愁傷さま」(読売新聞)
自民党が議院運営委員長解任決議案を提出(産経新聞)
1票の格差 東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)
<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)

官房長官、調査捕鯨「提訴されるような問題ではない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、日本の調査捕鯨に関してオーストラリア外相が国際司法裁判所への提訴の可能性に言及したことに対し、「国際社会の中で認められ、合意の下にやっている行為。違法行為をやっているわけではない」と述べ、国際司法裁判所に提訴されるような問題ではないとの認識を示した。

 平野氏は「あらゆる機会を通じて、そういうことを踏まえた主張をしていく。外交面で理解をいただく努力を最後までしていかなくてはならない」とも語り、外交による解決を目指す考えを強調した。

【関連記事】
捕鯨、日本と対立激化 豪外相「国際司法裁提訴も」
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議
トーゴがシー・シェパードの船籍はく奪 日本政府要請受け
シー・シェパ妨害 農水相「IWC総会で訴える」

<非常上告>赤切符誤交付 確定判決取り消し求める 検察(毎日新聞)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で-自民(時事通信)
<自民党>谷川参院幹事長「審議拒否する値打ちがない」(毎日新聞)
<雑記帳>苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)
無登録でマンション管理 適正化法を初適用し書類送検(産経新聞)
プロフィール

ふかみよしひろ

Author:ふかみよしひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。